sawamanboの『山辺の家時間』

川根本町(静岡県)の山と川に囲まれた、築59年(以上)の古民家を秘密基地にして遊ぶ時間。

大黒柱の取り換え作業(2017/04/28、其の2)

大黒柱の取り換え作業(2017/04/28、其の1)

20170428a_edit.jpg

古民家リノベーション第1期工事のメインイベントのひとつ、大黒柱の交換作業、折角の機会なので見学させていただいた。少し遅れて山の家に着いた時には、既に、ミサトさん棟梁と、鳶(とび)職の方々が作業を進められていた。今回、『田の字』の和室の中央にある柱を、大黒柱に相応しい太い柱に交換する作業。どうやら、この柱を外すと、家全体がパタパタと崩壊するらしい、というわけで、作業は慎重に行われた。同時に、不均一に傾いている家全体を、ちょうどよく補正していただいたのだけど、これはなかなか苦労していただいたようだ。作業は、慎重なのだけど、とても効率的に、同時進行で進められる。特に、棟梁と鳶職の方々の、息のぴったり合った協働作業は素晴らしい。

20170428b_edit.jpg

20170428c_edit.jpg

20170428d_edit.jpg

20170428e_edit.jpg

20170428f_edit.jpg

20170428g_edit.jpg

古民家リノベーションのイメージを考えてみる。

20170424b.jpg

先日の大工スクールで、ミサトさんからの宿題有り。この古民家で、どのようにして過ごしたいかを考えて、そうすると、おのずから、照明の位置が決まってくる。完成図のイメージは、日々、流動的に変わる。簡単に言えば、和室の洋室化なのだけど、梁は塗装するか、床のフローリングの色はどうするか、壁部分の色はどうするか?照明はどんなタイプにするか?先ずは、自分が思い描くイメージをしっかり持ちたい。取り敢えず、こんな北欧の照明で揃えるのも良い、と、合成写真で試行錯誤してみる。