Never go out of

sawamanboの『山辺の家時間』

Style

作業51日目(2017/10/07、其の2): 大工スクール(第13回目:合板張り)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

作業51日目(2017/10/07、其の2): 大工スクール(第13回目:合板張り)

2
昨日の午後は、合板張りも開始した。この古民家の既存の柱を利用して打ち付ける。とは言っても、柱と間柱、計9本、の出っ張り具合がマチマチなので、まずはそれを正す作業をして、まずは4枚をビスで固定した。いわゆる化粧ビスを使って、15cmおきに合板と柱を固定する。今のところ、壁面は、いわゆる『合板(打ちっ放し)仕上げ+クリア塗装』の予定なのだけど、こうやって、実際に固定してみると、なんとなく全体のイメージが想...
作業51日目(2017/10/07): 大工スクール(第13回目:方杖)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

作業51日目(2017/10/07): 大工スクール(第13回目:方杖)

2
ミサトさんによる大工スクールの第13回目。今日は、方杖(ほうづえ)の取り付け。方杖は、柱から梁を支える斜め部材、垂直方向のゆがみを補強する役割があるらしい。既に、親方により、何箇所もの方杖が取り付けられていたのだけど、まずは、親方によるお手本の作業を見学、そして、1箇所だけ方杖の部材の準備と取り付けを体験した。以下、手順。(1)ベニア板(2枚)で、装着箇所(柱、梁)の型取り。(2)型取りベニア板を用...
KTIL-09 チェア
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

KTIL-09 チェア

0
1950年発表のこのチェア、KTIL-09 と呼ばれるらしい。見た目とは裏腹に、かなり座り心地が良い。いつか欲しい椅子。浜松ドロフィーズカフェにて。...
作業50日目(2017/09/23): 天井面のベニヤ板張り
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

作業50日目(2017/09/23): 天井面のベニヤ板張り

2
今朝は朝から山の家に。ミサトさん親方による実践大工スクールの日。ミサトさん親方は、今週は3日目とのこと。既に天井面のベニヤ板張りの施工は、ほぼ完了していただいた。そもそも、築59年以上の真っ直ぐでなく、また角材でもない天井面だから、繰り返しの微調整など、とても手がかかるそうだ。僕も、今日は1枚だけ貼ってみたのだけど、なるほど、これは大変な作業だ。...
デンマーク・デザイン展(静岡市美術館)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

デンマーク・デザイン展(静岡市美術館)

0
先日、静岡市美術館にて始まった『デンマーク・デザイン』展に行ってみた。ヤコブセンのテーブル、ウェグナーのチェア、ポールセンの照明は、いずれも歴史的(アンティーク)な作品。ロイヤルコペンハーゲンの食器は有名。...
作業49日目(2017/09/18): 解体作業
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

作業49日目(2017/09/18): 解体作業

0
台風一過の今日、朝から山の家に。実は、昨夜からの雨風で、山の家がちゃんと立ってるかどうか心配してたのだけど、大丈夫でした。さて、今日は、鴨居の上の解体作業。ケイカル板やら、木材やらと格闘する一日。山の家でのこれまでの解体作業(実はほとんど解体のみ)の経験から、3箇所の解体作業は、我ながら慣れたもの。解体自体はそれほど時間はかからないのだけど、その後の廃材の分別と整理が大変。因みに、下の写真は作業途...